美の特攻隊

てのひら小説

2014-04-26から1日間の記事一覧

てのひら

恋の十字架〜14

「僕は若かったし、自由奔放な世界のなかに生きていたと感じていました。毎日の会社勤めであくせくしていても、煩わしい人間関係に縛りかけられていたとしてもです。どうしてかって、それは未来という時間がまだまだ前方にひらけていて、余裕たっぷりだった…