美の特攻隊

てのひら小説

間合い

f:id:jammioe:20130924202009j:plain

 

ある日のこと散歩していたらワン公と目があってしまいました。

こちらは見上げる位置ですね。おとなしそうだったので立ち止まり笑顔を投げかけました。

反応がない。

首だけしか見えないのでジャンプしてみたけど、どうにも届きません。

いえ実際には見えたかも知れませんが、なんか焦ってしまったのでしょう。

しかも、うしろにはバスケの網なんかあって「こんにゃろ」と思いましたが、当のワン公は平然としています。

堂々たるものです。

「わんわん」って声をかけてみてもまったく微動だにしない。

大した奴だ。目線すら変化させないのですから。

しばらく、にらめっこしてたけど、そこそこに立ち去りました。

数日たってもう一度、ここを通りかかりましたが、ワン公はいませんでした。

 

広告を非表示にする