読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美の特攻隊

てのひら小説

ペルソナ〜14

「さて磯辺さん、これまでの追想から実際に醜聞となってしまった美代の行為をある程度、結論づけることは不可能でないでしょう。
動機はさておき、幼くしてかくも果敢な振る舞いをなしうる天稟には目をみはるものがありますし、兄妹であろうとも年長の私を見通した態度も普通ではありません。
その尋常ではない行為を引き起こした基盤が、あのときの美代にはすでに備わっていたふうにも察せられるのです。
また無様にも吸血鬼を演じそこなった私にとって代わり、見事なまでに過剰を放出させ一種の爽快感のような後味が醸し出されているではないですか。
ゆえに私の語りだけで判断されると、どうしても因果を先走りさせてしまうようです。

つまるところ私のとった不埒な行動が引き金になり、眠れる美代の魂を未来へ疾走させたのだと解釈されます。
深層心理に鎮まると云うより、幼児体験を起因とする事件であったと推測されるのです。
しかしどうでしょう、それならもっとしかるべき情況、美代の思春期、妹に限らず誰もが危うさで世界を取り囲むことに疑念なく溺れることが可能な、そうした権限さえあたえられている、あの不安定な大地のめまいとして発露されるのが自然と思われるのですが。

すでに三十路を過ぎた頃合いになって突発的な衝動と化すのは、こう言っては倨傲なのですけど、精神の歪みでしかありません。
これには相応の理由があって、結婚後の美代が抱えた軋轢が最終的に突破口を見出せず、あのような形で噴出してしまったと云うことなのです。
まだなにも解決には至っておりませんので、簡略に推論できる事柄を述べておきますが、外野から不透明な何かが成人してからの、あるいは新たな家庭におさまってからの美代を悩ませ、苦しませ、狂わせたと、いや、これでは短絡的なありきたりの見解にすぎません。
しかし、それ以上の実情は申しあげられないのではなく、私にとっても詮索できかねないのです。
あの瞬間的に異様な光を放って幻惑された想い出は強く脳裏に焼きついていますし、この身も恥じらいを越え嫌悪で悶えてしまい、あれからしばらくまともに美代の顔を見るのをためらわれたくらいでしたから。

ところがそんな私の心境に反するごとく、妹は本来のあるべき領分にわだかまりも見せず戻っていたのです。平静を装うには演技がほとんど透けて見えません。
はい、よく憶えております、、、あの夜更けは己の悪行を責め立てているのかと考えこんでしまうくらい雨音は激しく、やがては胸に去来する雨雲へ転じると、陰惨な気体となった失意は決して霧散することなくどこまでも広がってゆきました。
翌朝の対面まで明確に印象づけられているのは、暗鬱な思惑がたなびいたせいではなく、きっと夢からさめた際に生じてしまう白々しくも晴れやかな普段への帰路と同じ効果を授けてくれたのだ、そう、あれから今日まで妹は秘事が秘事であるべきことに忠実であり続けてくれ、私も同様の夢見を共有し続けたのでした。
悪夢から醒めた朝は歴然とした曙光に包まれていたからです。

それからの記憶には曖昧な箇所ばかりと言っても過言ではありません。隙間だらけなのは時間の隔たりだけではないでしょう。
私にしても、同学年の異性にこころなびくやら、受験やら、それからもやもやな裡にも自分自身を見つめてみたりとやらで、次第に美代との距離は平行線をたどりながらの別段意識するべき様子もなく元の兄と妹のあいだがらに立ち返っていたのでした。
もう少し克明に申しますと、私の関心はもっと大きな膨らみでまわりを意識の隅へと追いやってしまったのです。美代のこともですし、様々な想い出や細々とした日常もほとんど頭に浮上させる必要はありませんでした。
要は自意識が肥大しはじめたと云うことに尽きるのです。間違いなく美代に先んじて精神の歪みが生じていたのです。

補足と申しましたのもこれでご理解いただけたかと。
では、どうしてまわりくどい言い方をするのか不信に思われるでしょうが、私は探偵の手法を重視するとつけ加えながらも、あなたが美代と対面する日を強く望んでいるからなのです。

私の知っているすべては、、、事実あの後数年は同じ屋根の下で暮らしていたのですけど、私は私、妹は妹、それぞれ異なる部屋に寝起きするよう意識も別々になって互いの干渉はもちろん、あまり会話をかわさなくなり、やがて進学で家を出てからと云うもの、滅多なことのない限り顔を会わせる機会もなく、兄妹とはまさに名ばかりで、くわえて事情をお話しますと、私は大学卒業後も帰省せず、むこうで就職し十数年経ってからこのまちに落ちついたのでした。
美代は高卒で就職のため同じく家を離れまして、三十歳ちょうどのときに結婚、とある縁がありまして見合いですね、そんな際よりほかは法事とかでしか兄妹居並ぶ場面もないままに過ごして来たわけなのです。
それと美代には子供が出来ませんでしたし、それがのちの離縁に拍車をかけるのでしょうが、そうなるとただでさえ疎遠であった嫁ぎ先からは増々込み入った内情など聞き出す余地なしで、、、おわかりでしょう磯辺さん、私の知りうる美代はこんな案配なのですから、吸血事件への手がかりを子供時代の戯れだけに求めてしまうのはいささか早合点に思えてくるのです。

お考えは一致されると信じているのですが、これは念押しです。
事件後と申しましてもご存知のように審理の結果は、心神喪失と判断され病院行きでした。面会も当初はままならなかったのでしたが、実は二回ほど妹を見舞っておりまして、ええ、本人もことの次第を多少は憶えているみたいですけれど、、、医師からはあの行為に関する症例の説明をまだ受けておりません」

 

 

化粧7 - 美の特攻隊

広告を非表示にする