読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美の特攻隊

てのひら小説

ペルソナ〜26

あらかじめ書きあげられた脚本を読み上げるふうに、これまでのいきさつをかいつまんで深沢の妻に伝えると、思いがけない反応が返ってきた。
「主人は磯辺さんのご名刺を自慢気に見せてくれたのでよく覚えています。ああいうひとでしたから、大学の先生がわざわざ訪ねていただいのはよほどうれしかったのでしょう。詳しい話しはわたしには難しくてよくわかりませんでしたが、あのひとはこう言っておりました。自分の研究していた分野をあれだけ真剣にとらえてくれた学者に始めて出会いましたと」

電話の向こうでは今にも悲しみと交差する声にうつろいそうで耳がそばだってしまう。
孝之はできるだけ電話口でのやり取りを最小限にしたいが為、息子とその彼女も一緒であること、さらにこれは機転だったが、ふたりは深沢の超常研究をかねてよりそれとなく察知しており、亡きあとの書斎をぜひとも拝見させてもらえれば、そう申し出てすんなり了解を得てしまい、矢継ぎ早に妹の美代さんにもお会いしたいのですがと、先程からの口調を崩さないまま探りを入れてみた。
一瞬、凍りつくかに感じられた間合いであったせいなのか、それとも孝之の鼓動がときに賭博を挑んだゆえなのか、返答が響いてくるまで身をこわばらせた。
「えっ、美代さんですか。はい昨日からうちにおりますけど」
こわばりなど思わず氷解してしまいそうなくらい、朗らかな驚きの様子が鮮明に聞きとれる。
「色々と取りざたされご迷惑なのは重々に承知なのですが、ご主人から一度妹さんと引き合わせたいと申されましたので、いえ、ご都合が悪いのでしたらけっこうなのです。電話ではなんですけど、ご主人の予言も含まれておりますので」
そんな多少の潤色をくわえてしまい、取り急いで訪問を確定させなければならない焦りが語尾を走らせた。
「わかりました、それでは午後からですね。はい一時過ぎ頃に」

予言を遺言と言い違えそうになったとき、心臓が高ぶったけどこうして悲願であった美代との面会が現実のものになってしまうと、思いの他これから本当の児戯に堕するのではないか、そんな水風呂に飛びこむときのような疎ましさがよぎった。
それにしても深沢の妻は感が鋭いのか、あるいはおひとよしなのか、美代の件にさしかかると緊張しかけた自分の声色を察したにもかかわらず、こう言ったのである。
「事件のことですか、あれってかなり大げさな報道なんです。
美代さんは昔から変わったところのあるひとでしたし、実はわたしも本当に久しぶりなんです。葬式では兄としっかりお別れができないとか言って参列を拒んだりして、それにあまりわたしのことも好いてくれてないようですの。
主人も人見知りするたちでしたけどやはり兄妹ですね、美代さんも同じなんです。ちょうどよかったですわ。わたしらとも会話らしい会話は途切れてましたので、話し相手になってあげてくださると助かります。明日には帰るって言ってましたからいいタイミングでした」

希望の星は手にした瞬間に消えてなくなるのだろうか。
電話口からの遺族がもらす哀感は掃き清められたと呼ぶより、はたきでパタパタはらわれてしまったようなぞんざいさでもって小綺麗になり、孝之の想い描いてやまなかった悲運と秘密が織りなす月夜の闇に浸透してゆく淡い情景は、陽のひかりで白々と濃淡がそこなわれてしまうかにみえた。
これでは美代の首筋うんぬんはおろか、会話すら成り立たないかも知れない。
だとすれば一体どうして深沢の言葉にこの身を宿し、息子らまで引き連れて急ぎ足で駆け抜けてきたのだろう。
孝之は祈りが成就したよろこびより、ここまでの道程が最上のかがやきにあふれていたのを嫌がうえにも認めざるを得なかった。
「どうしたの父さん、ぼんやりして」
背後から純一にそう言われて普段の真顔を作りだす。
「あのな、美代さんに会えるぞ」
「やっぱりね、ぼくも絶対に来ていると思っていたんだ」
「どうしてそう言えるんだい」
「いやあ、こっちにだって知人は残して来たからさ。情報、情報、父さんもどこかで仕入れたんだろう。本当うきうきするなあ。どんなひとなんだろう、写真が週刊誌とかに出たそうなんだけど、でも噂ではすごい美人だとか。だって女吸血鬼だよ、父さん」

息子の邪気のない笑い顔に罪は認められなかった。
女吸血鬼にだって罪はないかも知れない。あるとすればそれは間違いなく自分のつまらぬ起伏をもった感情だった。
揺らいでいる、空気が揺らいでいるのではない、波が揺らいでいるのでもない、時計の秒針が揺らいでいるのでもない、理知の刃物で切り裂いたはらわたがきちんと整列してくれないから揺らいでしまうのだ。そもそも理知の刃などはどこにもない。ただあればいいと想像しただけで、背筋が少しばかり伸びて目にひかりが灯った。
それでよかったのだが、このはらわたにはいい加減うんざりする。整列しない、してくれないのではなくて、整列させたくないのだから始末におけない。

「ねえ、まだ時間じゃないけど車借りてどこかへ寄って行こうよ。さっき砂里ちゃんからメールがあって、もうお昼の駅弁食べたってさ、ずいぶん早弁だね。ぼくも何だか弁当食べたくなった、のり唐弁当がいいな。天気いいし山の公園で食べてから駅に向えばちょうどいいんじゃない」
純一の食欲は澄み切った天空にも増してさわやかだと、孝之はいつぞや小山から見下ろしたときの大地にあまり起伏が感じられなかった様を思い出し、笑みをこしらえた。
「そうするか。ところで彼女の母親の旧姓はなんて言うんだい。こっちの出だってな」
「三上って名字だよ、名前は一度聞いたような気がするけど忘れちゃった。砂里ちゃんが着いたら教えてもらうよ」

広告を非表示にする