美の特攻隊

てのひら小説

ペルソナ〜40

「吸血事件で胸を痛めましたけど、募る気持ちは美代ちゃんとの想い出でした。時間というものは冷淡な流れですわ。あれから数十年を経た今では記憶こそ鮮明ですが、今現在のこころまで支配する能力は失われてしまい、残されたのは甘酸っぱい気恥ずかしさと、罪を知らなかった、いいえ、罪の深さを知らなかった邪気に対する怖れだけが先んじいるのです。
やはり保身が働いているのは紛れもない事実でしょう。最期に声を枯らしながら唱えた言葉は、私が美代ちゃんを吸血鬼なんかにしたんじゃない、原因は兄である久道さんに違いない、なぜならあの人の研究はそう云う方面のようだったという転嫁に限りなく等しい言い逃れでした。
もうずいぶん故郷の土を踏んでいないと砂里には話していましたが、実のところ幾度か帰省していました。両親は亡くなっておりますし、私の妹や弟もこのまちを出て久しいこともありまして、都合よく言いわけが通っていたのでした。
ところが気掛かりなのはこの地で結婚した美代ちゃんの行く末と、久道さんにまつわる奇行の噂だったのです。ましてや事件後にはどうにかして美代ちゃんに再会できないものか思案しました。帰省も含めそれらが形式上の憂慮であるのは鏡を見るよりよく分かっています。所詮は少女時代の気まぐれな遊戯、、、そう割り切る以外に救いの道はありません。
私は美代ちゃんの回復を祈ることだけに希望を見出そうと努めていました。しかしながら実際の災禍は避けたかった。決して偶然ではない不吉な足音が我が家に歩み寄って来たからです。
純一さんの存在と、磯辺先生の旺盛な探究心、、、類焼は防がなくてはなりません。彼らと砂里を近づけるのは不穏な情況をつくりあげる以外の何ものでもありませんでしたから。
磯辺先生は久道さんに会われ相当感化された様子、あの方の提唱する超能力やらに傾倒したせいで、美代ちゃんとの関係を丹念に調べあげたいのだろうかと憶測の域は出ていませんが、おおむねそんなところではないでしょうか。
あなたは純一さんを伴う際にあからさまとは申しませんけど、ある程度の意気込みは話していますね。私は純一さんと砂里が親しくしている様子を複雑な気持ちで眺めていました。郷里が同じであり同年代でもある。どんな理由づけをして砂里を言い含めればよいのか、つまりはふたりの仲を断ち切ってしまおうと考えあぐねました。
ところが逆にそんな思案を巡らしているのを、悟られてしまったらそれこそ薮蛇になってしまいます。災厄から逃れたいと願う一心が却って仇になるという図式はすでにひかれているのです。
一方で私の眠りを揺り動かすような奇異な胸騒ぎが始まっているのを、否定することは困難になってきました。そうです、ひたすら祈りを捧げているばかりの自分を脅かすごとく逼迫してくるいばらの壁、いつかはこの口から砂里に告白しなくてはならない非情な現実、ところが強風であおられるこころの一角にはいみじくも毒消し作用のあるあだ花が芽を出しているではありませんか。
美代ちゃんとの邂逅を夢見させていた本当の気持ち、それが次第に曖昧なものからもっと情熱的なものに昇華し、終いにはもうすぐ会えるのではと、不確実な領域を越えて希望の錨を下ろす覚悟にまで至ったのです。封印の鍵をにぎらせていたのは、世間体という常識をまとった小市民の感情でした。そして昇華されるべき感情こそ、忘れかけていたあだ花を育む想念だったのです。こうなれば純一さんは私にとってかけがえのない有力な味方でした。
娘との実りのなき交際をあえて望んでいる姿勢にも共感できます。私はなるだけ彼を通し情報を得るよう求めました。訝しい目つきをしている砂里を懐柔するのは他愛もなく、どうしてかと申しますと、私の秘密を嗅ぎ分けている内情を危ぶんでいるのは娘本人だったからなのです。胸襟など開かれない美徳によってむしろお互いがよりよく結ばれ、腹芸とも呼べる好奇なかけひきで秘密のベールがより優れた形ではがされてゆくのです。
写真の件は砂里の思い過ごしですわ。拙いとはいえ私の手で施された化粧によって美代ちゃんはまったくの年齢不詳でしたから、週刊誌のぼやけた映り具合と識別されなかったのでしょう。しかしそれが幸いしたのは言うまでもありません。家の奥深くに隠された秘密がどうしてマスコミへ流れたのか、懐疑を抱けば抱くほどに不安は増幅し、同時に関心が深まります。
娘にとって母の少女期はめくるめく官能をひそめており、母にとっては娘の性障害から生み出される試練に加担する意義を得るのでした。
注意深く耳を澄まして磯辺先生の動向を探りながら、慎重な言葉使いで砂里と純一さんとの信頼度を確かめてみる。それと能天気な装いを過分に示しつつ、封印を解放させたいと無意識的に望んでいる態度をさながら手話で伝えるよう記号的に匂わすこと。
こうした仕掛けが功を為すのは時間の問題でした。まず純一さんとは恋愛関係で繋がっているのではなく、察したように有能な同志の感覚で手を取り合っている。私が帰省を行なわない事情を感づかれまいとしているけど、内心では現在の美代ちゃんへの興味が尽きない、そう思わせることで彼らの計略はまんまと露呈されてしまったのです。
私は理由の説明をあえて濁したうえで、あなたたちの帰省を叱責し、弱みを握った証しとして本音を吐き出させる権限を勝ち取ることができました。とは申しましても、例の写真から始まった疑惑のすべてを口にするほど娘は馬鹿正直ではありません。
小さい頃より妙に意固地なところがあって、素直じゃないわけではないのですけど、こうと決めたら頑なにつらぬく性格だったのです。おそらくは純一さんとの約束もあったのでしょうね、郷里にこれこれの女吸血鬼騒ぎがあったようだから確かめてみたい、ちょうどいい具合に彼が帰省すると云うのでこの際だから是非とも一緒に行きたい、、、ざっとまあそうした経緯であとは私が承諾するだけだったわけですが、砂里に含んでおきましたように、磯辺先生らには一日遅れてから出発予定であると伝えておくこと、父親には内緒にしているということ、これらは私も同行する事実が発覚しないため必要な策でした。
以外と思われるでしょうけど、砂里は私と一緒ならばとの条件をすんなりのんでくれました。お分かりでしょう、母と娘はひとつのまばゆい光景を見つめていたのです。私は別に意味深な登場の仕方をしたかったわけではありません。美代ちゃんと確実に会えるまでよくよく算段していたのであり、あなたたちの訪問によってどんな反応がうかがえるのか、そんな思惑に満ちておりました。
あだ花とは結構実際的なものですわ。さて一番肝心な弁明を。
私は砂里から美代ちゃんがいつまで滞在しているのか訊き出してもらい、あらためて訪問する気でした。電話のむこうで泣き叫びはじめるまでは」

広告を非表示にする