美の特攻隊

てのひら小説

2014-06-12から1日間の記事一覧

掌の小説 〜 百編

前作にて、わたしの掌編小説はちょうど百編を数えることになりました。この記事のタイトルはもろ川端康成先生を意識しておりますが、先達の内容、質において到底比肩すべきであるはずもなく、ただ躍起になって書き連ねた末に数だけ合わせることが出来たとい…