美の特攻隊

てのひら小説

タイムマシンにお願い〜1

真夜中お好み焼きを作ろうとして冷蔵庫を開けたら卵がなくて悲嘆にくれていたのだが、無性に腹が減ったので焼き飯にしようと考え直してみてもやはり卵がなくてはしょうがない。

そこでキャベツと紅ショウガだけのお好みに戻って、せめてソースだけはと、ウスターとトンカツとケチャップをこの世で最高の香りまで高めることに専念した。

たかが三種とはいえ絶妙の配分が世界を変えてしまうのだから、それはもう命がけだった。

焼き上がりはキャベツを控えめにした結果、水分が出ず表面はカリっと中身はふんわりだったけど、他に具材がなかった腹いせに紅ショウガを入れ過ぎたら、えびせんべいみたいな色合いになってしまい、味もピリピリして沈痛な面持ちで食したのであった。

黄金比率のソースも成功からはほど遠く、これまた全部ぬりたくったあげく、手やら腕やら顔面にいたるまでベチャベチャになったので、ウエットテッシューを取り出したところ、ただの乾燥紙と化してした。

そういえばしばらく使ったなかったことにうなだれ、渋々洗面所へ行ったら額に蜘蛛の巣がまとわりつき、絶望の渕に追いやられながらも一応手洗いと洗顔をすまし床についた。

夢にオバQとモジャ公が出て来てなごんだけど、出来れば交替で登場してもらいたかった、なんて能天気な思いに耽っていたら、もう翌朝でNさんから電話がありタイムマシンを製作したのだが、どうかと言われた。

どうかって、それは実験に立ち会わないかという意味だと解釈し高揚しつつも、至極冷静な口調でこう応えた。

「試運転はもう済んだのでしょうか」

Nさんは軽く咳払いをしながら、それが威厳であるかのごとくゆったりとした声で説明を加える。

「もちろんです。私自身もう体験しました。これはいわば誘いなのです。時間への挑戦でもあります。ただし私の技量は高々しれているのでそんなに遠い年数は無理なのです」

何を謙遜しているのだろう。タイムマシンだなんて世紀の大発明、Nさんの言葉に反撥してしている間にほとんど乗り気になっている自分を確認できない。すでに具体的な返事は用意されているし、Nさんもその辺りは心得ているのか、

「まず50年といったところです。過去も未来も、それから空間移動はほぼ制御不可能なのでマシンのあるこの場所が到達点になります」

と、いうわけで言い分が大方のみ込め、あとは体験あるのみ躍るこころは世界ーと自負した。

Nさんの自宅兼研究所に赴くと、さっそくタイムマシンを安置してある部屋に通された。眼を疑った。どこにも機械めいた装置なく、机とソファが片隅に押しやられた真ん中に何の変哲もない事務用の椅子がひとつ置かれているだけだ。嫌な予感が適中するのは慣れているのだったが、、、

広告を非表示にする