読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美の特攻隊

てのひら小説

ペルソナ〜47

追想には違いないのだろうが、口をついて出る夏の幻影は自らの裡に巣くっている実体のようにも思えだして、振り返えるまなざしは迫り来る倒錯した感覚だけを残してゆこうとしている。
夢幻の境地をたゆたう模糊とした視界にどう委曲を尽くせばよいのやら、次第に睡魔へ誘われる状態から起こった現象は、ちょうど映画の一場面みたいに手の届かない世界で光彩を放っているようもどかしく、靄がかった情景をなぞるのが精一杯になってくる。
心奥に残存している記憶が曖昧になると云うのは、乾燥した感情によって風化させられているせいなのか。天井から降った夜の水への相反を確認しながら。

深沢の影をどれくらい見つめていたのだろう、他の者らの反応はうかがうまでもなかったし、それは自分と同じく鋭角的な驚嘆だけに縛られておらず、たしかに全員張りつめた空気を吸っている気配は肌に浸透していた。
想い出のなかにある夏の斜陽は、愛おしさで圧迫されていたにもかかわらず、常に淡い憧憬となって逃げさる。
この部屋の湿気と乾燥は謎めいた科学反応をあらわにしているのか、それとも極めて均衡を保っているのか、よく感じとれないまま気持ちが静まっていくのを寝入り際のように引き受けていた。
今こうやって砂里をまえにし一部始終を語りだしていることも夢境の現れではないのではと、地に浮いたような、それでいて山稜にかかる白雲を見上げたふうな、どこか遠いところへこころが吹き流されていく安閑に支配されていた。夢の情景が澄みきった空間をかいま見せるのと同じく。
だが、純一は目覚めており興味深く自分の話に耳を傾ける砂里の呼吸も鼓動も感じているのだ。強い衝撃と底なしの不安に襲われ失神してしまった身からすれば、その後の成り行きには胸騒ぎにせめぎたてられる訝しい魅惑で充たされたい望みがあるはずだから。

片目をじっとのぞきこんでいる一条のひかりは彼女と出会った頃、まぶしさと羞恥で何度となく純一を暖める新鮮な輝きに満ち、身もこころも突き抜けていく清涼な刺激になっていた。
この瞬間も光度は衰えることなく向かい合った距離など飛び超し、遥か彼方に地の果てまで駆けめぐるだろう。ひかりは風に乗り、風もまたひかりと戯れ、熱風になり、涼風になり、あらゆる想いを運んでくれる。
だからこそ幻想に傾いた事実を伝えよう。そして美しければ尚のこと素晴らしい。玲瓏たる音色にすべてを捧げる指揮者をならって、無の空間を馥郁とした香りで埋め尽くそう。
純一の想いは煩瑣に絡み合っていたけれど、じっと見つめられている自分を知るに及んで緊縛の縄がほどけはじめ、ゆらめく気持ちは木の葉が舞い降りる様を模していた。

「深沢さんの影が次第に薄れていくのを呆然と見ていたよ。だってもう二度とこんな光景に出会えるなんて思ってなかったから、意識がかすれてそうな感じのなかで懸命にもがいていた。でも何かあっという間だったな。塚子さんの表情はもとどおりに変わっていたのが印象的だったよ。誰も口をきかなかったし、その場から動こうともしなかった。余韻にひたっている気分が反対に鮮明な光景をつかみとろうと躍起になっていたんだ。
君はまだ気を失ったままだったし、お母さんは口もとを引き締めたまま身じろごうとせず、ぼくと同じく一点を凝視していた。父の様子をうかがうのは何やら気後れがしたというか、たとえは嫌らしいけど、両親のセックスをのぞき見たようで不快な感じがして、だけどおそらくそれ以上の出来事だったから、そう、児戯にも思えたから、そのまま正気を取り戻すまでぼくから声はかけまいとした。
どのくらいの時間だったか覚えてないけど、無言劇の終わりを告げたのは美代さんだった。すでに深沢さんの気配は消えてなくなり、あの暗幕が自動的に開くと外はまさに美代さんが演出した夕暮れそのものだった。微笑んでいたよ、多分あそこにいたみんなに対して。
決して自嘲的な笑みなんかじゃない、慈しみのある透き通った無垢な感じがした。ろうそくにふたたび火が灯されるような気がしたんだけど、ごく普通に蛍光灯の明かりが無言劇を終わらせたのさ。そして静かな声でこう言った、二度とお目にかかることはないでしょう。兄もそう申しております。今日のことは忘れません。それだけの言葉を残して部屋を出ていった。
砂里ちゃんが気がついたのは塚子さんが熱いお茶をいれてくれたあとだったかな。霊媒師がいなくなった部屋に時間の針が刻みだしたのはあのお茶が一役買っていたんだ。だって塚子さんたら、主人亡きあとも新月の水汲みは続いていて、この緑茶もその水でいれたとか言うんだから吹き出しそうになったよ。
あと塚子さんはたぶん憑依されているのを自覚してたというか、演じていたんじゃないだろうか。美代さんと一緒になってぼくらに最高の余興を披露してくれたんじゃないかって。
父さんもそれを内心わかっていながら儀式に即したような気がする。君は涙に潤んだ目をしていたよ。お茶をすすりながらあのとき何を考えていたんだい」

「そうね、今まで気絶なんてしたことなかったから、一体どうしたんだろうって、ここはどこなんだろうって、そんな単純な思いだけがお茶の味に含まれていたわ」
砂里の瞳も美代のように澄みきっていた。純一は己の汚れを痛感した。白い小鳥の羽がくすんでいるように。

広告を非表示にする