美の特攻隊

てのひら小説

2014-09-08から1日間の記事一覧

投函 〜 あの夏へ 32

孝之は素直に従った。初恵の言葉にではなく、夢の言葉に対してである。過失と裏切りと用いながらも、信頼と治癒をつかさどる、己の王国、あるいは過剰なる鬼門。紋切り型の鍵の象徴などは、文献のなかに考察するべきであり、さながら家族だんらんのクリスマ…