読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美の特攻隊

てのひら小説

ペルソナ〜23

寄り合いに行っておりつい今しがた帰ったばかりだと言う三好に挨拶したところ案の定、純一をいたわる声色はとどまることを知らず、萎縮してしまいそうになるほど厚い気遣いなので、
「こうやって元気な顔を見てもらいに来たんですから、もう本当に大丈夫です」
そう数回似たようなセリフを繰り返す始末だったが、ちょうどいい案配に朱美から、疲れただろうし先に風呂へと促されて磯辺親子はふたたびふたりだけになった。

以前は旅館であった浴室は情趣あり気に湯けむりが立ちこめており、ふたりの姿を曖昧にする熱意を宿しているようだった。
実際に疲労を感じていたのだろうか、お互い無言のまま入浴をすませると、夕食中も会話を弾ませようと躍起になっている三好へ、礼を欠かない程度の落ち着きで交し、疲れた素振りをしめしたことでその夜は早めの就寝になったのだが、孝之は深沢の件で執拗に三好を煩わした手前さすがに、
「いろいろとお世話になりました。深沢さんの事件でも手数おかけしまして、電話でお話ししましたように少々気にかかることがあって又ご厄介になります。四十九日は今日だったんですよね、なにかきりがいいと思いまして、明日なら親族も帰られてると思いますし、あそこの奥さんにもお話を聞きたいもので。それに純一にとってよい機会だと思ったものですから、すっかり立ち直ったところを見ていただければ」
と、もっともらしい言い様で事情を説明した。
深沢の死因究明を急いたことで変な勘ぐりをされてしまったかも知れない、これは危うい、よい言い訳はないか案じていたのだったが、三好から問い正してこない以上は弁解することもないから、とりあえずは明日の訪問に意識を集中しよう、そう強くかみしめ辞して床が敷かれた客間に入った。

ところが早々に寝床にはいったせいか純一も寝つきがよくないらしい。
東京では深夜になっても静かなようで交通音は闇にまとわりついているのか、耳を澄ますまでもなく断続的に低いうなりを寝室まで伝えるけれど、このまちでは夜が土地そのものを沈下させてしまったようで、余計な雑音を濾過したごとく凛とした自若に支配されている。
裏山にひそめる獣の寝息さえ浸透している気配は、反対に冷厳な掟に託され安堵をもよおし、時折の風が通り過ぎてゆくのも気にならない。
窓の外の船着き場からは繋留された小舟同士が波間で揺れ軋みそうになることもあるのだろうが、今夜は黒い液体と化した海水の凄みであたりは鎮まっており、ただ海藻を思わせる潮の匂いにささやかな波の音を感じ取るだけだった。
すると孝之の悔恨は夢の導入部へいざなわれるのか、ようやく静寂になれ親しんだとばかりに少しづづ殻を破って脱皮する蝉にように、忸怩たる変容を受け入れ始め、眠気が訪れないにせよ気分は曖昧な心地に揺られながら、ある確信みたいなものを意識してしまう。
だが直接それを見通す思慮は働かずに、遠回しな言葉となって夜気に吐かれた。

「そういや、おまえ彼女も連れて来ていいかとか言ってたけど」
実際に孝之はそのことをすっかり忘れていたので控えめな口調で問うてみた。
「あっ、そうか、まだ話してなかったっけ。ごめん、ごめん、明日の昼過ぎの列車で来るからって」
ふとした弾みで悪戯が以外な思惑に流れたときの気持ちを思い出す。
「そうかい、別にかまわないけどここへ泊めてもらうつもりなのか」
「そうだね、それなら早めに三好さんに伝えておかないと」
「こっちはどうにかしてもられるだろうが、彼女のほうはどうなんだろう。父親が一緒では堅苦しい思いをするんじゃないのかって。まだ会ったこともないしな」
「悪いなあ、父さん、実は色々と彼女に話して聞かせてあるんだよ。父さんらに会わせるだけなら別に東京でもよかったんだけども」
一瞬はね起きそうになったのは、内心では折角ゆるやかに語りだそうと努めていたところを、いきなりあの確信に近づけてしまう予想外の吐露が純一によってもたらされたからであった。

聞けば、このまちで起った珍しい事件に関心があった為、それはまるで怪奇小説もどきの感触を授けてくれたからで、自分が電話口でしきりに興奮しているのを心配しながら、謎めいた秘密に惹かれるまま遂にはそのあらましを知ってしまい同行を願って出ると、思いのほかすんなり了解してもらえたのでとてもうれしく、それとやはり過去の受難が翳ることに対する錯綜した意識が大きくせりあがってきて、本当は親子で臨むところに現在の彼女を加えればもっと違う何かが開けてくるのではないか、その心境はよくよく顧みれば分かりそうなのだけどあえて実際の行動に出てみたかった。
このまちでひとり暮らしをと願ったあの日のように。
素直な響きを耳にしながら、純一の声が暗闇のなかでわずかながら震えているのを感じた。
「いいさ、明日ではなんだから、まだ三好さん起きているかも知れない。早く頼んでくるんだ」

飛び起きる勢いで「うん、ありがとう」と答えて部屋を急ぎ足で出て行った純一の夜目には判明できなかった笑顔を想像しかけた途端、孝之は彼女とやらがここに訪れる理由をまだ知り得てないのを思い、どうせならこちらから根掘り葉掘り問いただしてみよう思った。
「純一それではおまえの都合だけじゃないか、彼女は単なるつきそいになってしまう。そうじゃないだろ、父さんによく説明してくれないか」
真っ暗なはずの部屋に夜空の星が幽かに灯っている。
純一がはね除けた夜具が盛り上がっているのを横目で眺めれば、布団のひだがさらなる暗黒をそこへ作り出しているかに映った。月夜が待遠しいのは云うまでもなかった。

 

 

化粧16(最終話) - 美の特攻隊

広告を非表示にする