美の特攻隊

てのひら小説

夜のインスタントラーメン

久しく堪えてきました夜食、しかし晩秋の深夜の孤独に対して見合ってくれるのは、やはり、インスタントラーメンであって、カップ麺じゃありません。
昭和スタイルの袋麺であります。
そういった数ある種類のなかでも定番が台所の隅っこに眠っているのは郷愁そのものです。
てっとり早くつくりましょう。なんせ、もういつも通りふて寝の時間だったので、ほんとう、今夜はまれなんです。
ここんとこ再発見がエースコックのワンタンメンだったから、今夜は違ったものを・・・在庫はサッポロ一番塩ラーメンと徳島金ちゃんらーめん、チャルメラしょうゆ味、といった面々。
まよわず、サッポロ一番塩に決定!
たまねぎ、にんじん、ながねぎを、麺の細さに見立てて切りそろえながらお湯をわかします。
フライパンに・・・麺が泳ぐ、吹きこぼれしないし、大人の落ち着きのような構えです。
小鍋には的確かつ、やや多めの湯を沸騰させ、さきほどの野菜をどさりと投入、そのとき、少々のコンソメ顆粒を加えて茹でます。
どんぶりにはもちろん、即席の心構え、ついでに白ごまなどふりかけておきましょう。
と、なれば、ごま油も出番かな・・・でもここは慎重、あくまで仕上がりを待っての実験の心意気。
茹だるの早いわ~。
おっと、ここには半熟を添えなければ、栄養価を、明日へのそつなきステップを。
卵を割り、小鍋に落とし込む。どうか、かたくならないでと祈りつつ火力を調整し、麺の茹であがりに散漫な、しかし、抜かりのない時間を謳いあげる。

おそろしく早い出来ばえ、それにしては2時間ほどまえから、食すかどうか煩悶した時間。
フライパンの茹では早いので、それを思い出し、さささと仕上げに。ぷふい、まるで首猛夫のような講釈が踊り出しそうになるのだけど、案外そうでもなかったです。ごま油は却下。代わりにベビーチーズ2個投下。これが戦後といわずいい戦いを展開してくれました。溶け出す、固形の違和感と、たちまちにしてなじむ感触。
もうズルズル、ちゅるちゅる、ぱくぱく、あっ〜、お腹いっぱい。温まった、おしっこしてすぐ寝よう。
午前三時の晩餐会でした。

写真を撮る余裕まったくありませんでした。

恋する恋

f:id:jammioe:20180917072922j:plain

f:id:jammioe:20180917072929j:plain

f:id:jammioe:20180917072947j:plain

f:id:jammioe:20180917073010j:plain

f:id:jammioe:20180917073017j:plain

f:id:jammioe:20180917073027j:plain

f:id:jammioe:20180917073037j:plain

f:id:jammioe:20180917073048j:plain

f:id:jammioe:20180917073057j:plain

f:id:jammioe:20180917073108j:plain

f:id:jammioe:20180917073119j:plain

f:id:jammioe:20180917073128j:plain

f:id:jammioe:20180917073145j:plain

f:id:jammioe:20180917073152j:plain

f:id:jammioe:20180917073202j:plain

f:id:jammioe:20180917073211j:plain

f:id:jammioe:20180917073222j:plain

f:id:jammioe:20180917073231j:plain

f:id:jammioe:20180917073239j:plain

f:id:jammioe:20180917073250j:plain

f:id:jammioe:20180917073259j:plain

f:id:jammioe:20180917073309j:plain

f:id:jammioe:20180917073332j:plain

f:id:jammioe:20180917073345j:plain

f:id:jammioe:20180917073353j:plain

f:id:jammioe:20180917073403j:plain

f:id:jammioe:20180917073413j:plain

f:id:jammioe:20180917073427j:plain

f:id:jammioe:20180917073437j:plain

f:id:jammioe:20180917073447j:plain

f:id:jammioe:20180917073459j:plain

f:id:jammioe:20180917073516j:plain

f:id:jammioe:20180917073527j:plain

f:id:jammioe:20180917073539j:plain

f:id:jammioe:20180917073551j:plain

f:id:jammioe:20180917073725j:plain

f:id:jammioe:20180917073603j:plain

f:id:jammioe:20180917073646j:plain

f:id:jammioe:20180917073656j:plain

f:id:jammioe:20180917073739j:plain

f:id:jammioe:20180917073808j:plain

f:id:jammioe:20180917073819j:plain

f:id:jammioe:20180917073832j:plain

f:id:jammioe:20180917073842j:plain

f:id:jammioe:20180917073852j:plain

f:id:jammioe:20180917073903j:plain

f:id:jammioe:20180917073914j:plain

 

 

額装におさまったふうな横顔を日に何度も思い起こしてしまうので、美子は仄かな水彩が少しづつ塗り重なってくる感じを胸中にとどめておこうと努めた。振り払ってしまうには頻繁過ぎるし、向こうがわに浮上する面影をとりたてて不快とは思わなかったからであった。
むしろ懇意な男性も交際相手もいない身にしてみれば、華やぎを代行しているようなときめきがやわらかな光にそっと包また情景を思い描き、ちょうど空模様に即したまなざしが揺れ動く、こまやかな生彩を育んでいた。
ところが美子にその横顔から想起される特定の人物を探しあてることは無論、少女の時分ひそかにあるいは友達同士で喋りあっていた歌手や俳優にあこがれた陽気な場面に重なることもなく、おぼろげな回想もよみがえってこない。
あとは美術館か画集で見知った印象じゃないかと意識をめぐらせたのだったが、不意にその詮索めいたな物腰から後ずさりしてしまった。
出来事の実情が常に居座るのであれば、どこかで願いなり欲求なりもしくは蔑みなりを抱くであろうし、うらはらにありありと映りこむ身勝手によって強度の反撥が生じているかも知れない。
たしかに胸のなかでは淡麗な味覚をなぞったような風合いが彩度を募らせ、日毎に移りゆく天候の明暗とも調和しかけて、仕事のさなかや大事な会話の途中に割りこむ横顔に対して違和を覚えることさえ熟知していた。が、色調に濃淡の気勢を認めるかぎり、逆に隠された情念は虚しさを糧に身のまわりから生気を抜き取ってしまう。
あたかも原色を授けられた風船に思いきり息をふきこんでしまえば、淡い寂しさが生まれてしまうよう、そして破裂寸前の小胆を代弁したかのふくらみは、どこかよそよそしく熱意とは距離を置いた彩りに満たされている。
これを美子の心情に結びつけてしまうのは当然ながら酷で、たとえば奏楽を背景に空高くのぼってゆく大量の風船などではなかったし、額装一枚の裡に隠顕する男性の横顔に翳る表情の由縁を味到する意欲を持ち合わせているのか、やや曖昧であった。
見知らぬ異性、好奇に寄り添った実際は自覚出来ても、肝心の恋情がこころの壁にも、あたまの襞にも絡んでこない。ただ縁起かつぎをわずかほど信じた、星座占いに少しだけ惹かれた、手相をときおり眺めては思いついたとばかりに教本をむさぼる。そんな行いに別に罪があるはずもなく、美子の想いはことさら風変わりと言えないだろう。
ただ異性だけでなく気軽に友達と呼べる者もいなかったことが、横顔の醸す得体の知れない冷徹さを増幅させる結果に近づいてしまい、煩悶を招くと同時に、投げやりな感情の処理場を見つけだそうと焦りはじめた。
哀しみにひたる果断な暗所は別として。
そういえば額縁の素材や色つきは、大きさは、横顔に宿る意味合いをなかば放擲してしまう意想はかなめの面差しからの逃避ではないか、あえて暗所からこわれものを運びだす慎重な手つきに頼らざる得なかったのは、やがて定見に踏み入れたからであり、日増し深まる邪念と向き合う、ある意味選び抜かれた心持ちに支えられていた。
薄明に遠く眼をやる、あの醒めた外気と触れ合う肌の感触は忌まわしい意識の明滅を正面から受けとめる願いに帰順していた。
そして光線の加減が春の修羅をそれとなく伝えようとしている不遜な優しさをそっと胸元へなでつけるふうにしてから、
「きっとあの横顔は将来の花婿なのよ」
そうぽつりとつぶやいてみるのだった。