美の特攻隊

てのひら小説

恋する恋

額装におさまったふうな横顔を日に何度も思い起こしてしまうので、美子は仄かな水彩が少しづつ塗り重なってくる感じを胸中にとどめておこうと努めた。振り払ってしまうには頻繁過ぎるし、向こうがわに浮上する面影をとりたてて不快とは思わなかったからであ…

SOUL LOVE あるいは飛べない沈黙

SOMETHING ELSE

なぜ未だ「プロヴォーク」か

櫻謳

花影

BLOW-UP

春へ

冬へ

モノクローム 2013 - 2017

夢の光景にはいつも幽かな調べが流れています。どれほど急展開しようと過剰な乱れが生じようとも、薄明への思慕から遠のくことができないように、自然の理はおののきを袖に含みながら、とても穏やかな威厳を醸しており、それは不吉な予兆さえ、あらかじめの…

ノスタルジア

CLEAR CUT

静かな生活

彼岸花

THE LOVE PARADE

記録 / 記憶 ♯1

レディメイドによるキムスルギ

みづうみ

ハロー・グッドバイ

お題「花火」

太陽讃歌

夜へ

白雲がよく映えた夏の朝、列車を待つホームから遠い町へとのびるレールにふりそそぐ陽射しをゆったり見つめながら、何故かわきあがるべき旅情を制するような、物おじが先立つ足もとに気をとられてしまって、その影は反対車線のさきほどから鈍いを音を放って…

叫びとささやき

千年の愉楽

雨に唄えば

熊野古道

ひかり匂い満ちて

裏切りのサーカス

あしたのジョー

ザ・ポップ・グループ

MEMORIES 花ざかりの森